4Dプレーヤー

4D Player

相互作用

Interaction

空間とタイミングの相互作用で生まれる新たな関係性

文章や数字や画像などで構成される様々な意味の要素を、空間と意味の関係性としてつなげて構成し、かつ、大きくなる情報量を圧縮して効率的に表出することで、リアルにおける時空間の距離と関係性の距離を縮めます。

機能の説明を見る
実際のプレーヤーでデモ

オート案内

Guide

受動と能動のハイブリッドプレイ

プログラムが自動でVR空間を巡ってユーザーを案内します。

ユーザーが操作しなければ情報が展開しない今までのプレーヤーではなく、 動画のようにコンテンツが展開するとともに(受動)、 VRとして見たいポイントは、ユーザーが自由に操作して見ることができます(能動)。

ユーザーは最小の労力で、そして、見たいところは臨場感あふれるVRコンテンツとして体験できます。

機能の説明を見る
実際のプレーヤーでデモ

周辺環境

Around

周辺環境コンテンツを自動生成
自分のVR空間とシームレスにつなげます

例えば、Google ストリートビューを利⽤して、自分のVR空間から続く外の世界をストリートビューと統合させて見せられます。それにより、VRによる臨場体験感がさらに⾼度化できます。

機能の説明を見る
実際のプレーヤーでデモ