ZENKEIは「パノラマ」から『VR+AI』へ

ユーザーに「見せるもの」から、ユーザーを『知るもの』へ

今までのパノラマは、ユーザーが閲覧するWebページを充実させて、
より多く豊かな情報を「見せる」ためのものでした。

これからのZENKEIのパノラマは、ユーザーに情報を見せるだけではなく、VRとしてプレイヤー内でのユーザー行動をリアルタイムに観察してユーザー行動を把握。
現在ある様々な販促活動データを重ね合わせて分析することで、ネットワーク越しからダイレクトにユーザーを『知る』ことができます。

ユーザーを『知る』ための4つの新機能

4D表現プレイヤー

文章やデータ、図や写真などは全てVRを構成する素材。
現在の詳細ページにある情報は、構成素材として全てVRプレイヤー内に取り込んで表示します。

4D表現プレイヤー

文章やデータ、図や写真などは全てVRを構成する素材。
現在の詳細ページにある情報は、構成素材として全てVRプレイヤー内に取り込んで表示します。

VRコンテンツ制作の自動化

全天球画像と間取り図画像をアップロードするだけで、ZENKEI AIにより自動的にVRコンテンツが仕上がります。

VRコンテンツ制作の自動化

全天球画像と間取り図画像をアップロードするだけで、ZENKEI AIにより自動的にVRコンテンツが仕上がります。

ユーザーの見学態度解析

ユーザーの指やマウスの動きを、その人のフィジカルの動きに変換して、見学中の態度をデータとして把握。

統合ダッシュボード

仲介プロセスを「集客・選客・成客」の新しいバリューチェーンのモデルのもと、ユーザーの見学態度と既存の販売活動データを重ね合わせて分析し視覚化。