Zenkei Curator(ゼンケイ キュレーター)


不動産会社がバーチャル・リアリティ(VR)を導入すると・・・

  • お客さんは来店前にVRで物件の内見を済ませてくることになる
  • VRを見て来店するお客さんのほとんどが契約になる
  • 管理会社がネットで自ら反響獲得・内見提供ができるようになる
  • 実地の案内は減っても、契約は増える
  • 広告費を削減し、利益率が大幅に改善される

今後、VRを導入していない不動産会社は生き残れなくなります。

本来、賃貸部門の不動産会社にとっての営業活動とは、物件オーナー様との関係強化や、物件の管理業務ではないでしょうか。物件の反響を求めるあまり、比較検討が目的の内見希望者や問い合わせも多くなり過ぎてしまい、接客を伴う付帯業務も増加しているはずです。これでは管理業務に支障をきたすばかりか、顧客を取り逃がしまっていることに、目を背けていませんか?

Zenkei Curator(ゼンケイキュレーター)ならインターネットの反響がそのまま接客内見となり、見込み客を確実に見つけ出します

比較検討のための物件案内を行う手間を、Zenkei Curatorが生成するVRベースの物件ページで済ませましょう。
インターネット上で一次接客が完了するので、確度の高い見込み客のみを確実に獲得できます。

反響獲得営業をインターネット/VRでおこなうことで、営業の付帯業務を減らし、発展的な営業活動に時間を割くことができます。

管理会社であれば直付けできますし、仲介会社であれば人を増やさずに取り扱い物件数を大幅に増やすことができますから、契約者様との関係強化にもつながります。



外注費、不要?難しかったVR物件ページを、社内スタッフで制作できる

Zenkei Curator のもっとも優れたところは、簡単にパノラマ作成ができることはもちろん、ホームページ制作まで、専門知識がなくても制作できることです。
撮影した写真や物件情報周辺環境といったロケーション情報も「物件の価値」であるというコンセプトのもと、操作画面の指示に従って入力するだけで、SEO対策も施された VR 物件ページが実現します。

また、こうして出来上がった VR 物件ページは、チラシや看板にも容易に展開できますから、見込み客をとりこぼしません。ウェブとリアルでの見える化で実現します。


VR物件ページ

外観、内観から周辺環境まで 内見をVRで体験


見たいところが見たいように視点と連動する360°パノラマ画像

間取り図との連携ウォークスルーも実現

パノラマ画像により臨場感をアノテーション機能

画像と位置情報が連動する 360°のパノラマ画像により、自分の目線が一目瞭然。自由に視点を変更できます。

建物の間取り図上に、パノラマ画像の位置や方向を連携して表示できます。また、パノラマ画像同士を結べば、実際にパノラマ空間内を歩いているかのようにスムーズに移動することができます。

パノラマ画像に、画像アイコンやテキスト、外部サイトへのリンク等の付加情報を配置できます。建物 CG パースを土地のパノラマに合成もできます。


360度パノラマ画像


アノテーション

周辺環境、物件の担当者までも網羅 見込み客を逃さない、VRベースの物件ページ


HTML 知識不要の簡単操作ワープロ感覚でウェブページ制作

モジュール・コンテンツも制作可能

物件情報の精度を高め、アクセス数を上げるコンテンツチェック機能

ページ単位で個別の情報を次々登録していくだけで物件情報サイトを生成します。入力された情報は、物件情報として、ウェブページに自動的にレイアウト。検索エンジンで上位表示させる SEO 対策も、画面に従ってキーワードを入力するだけで実現します。

本体とは独立して運用可能なページをコンテンツ・モジュールとして作成可能。他ページへも簡単に流用(共用)可能なので、モジュールが増えれば増えるほど、本体コンテンツを充実させられます。

制作したコンテンツの内容の入力度合いや品質を機械と人間の目でチェック、効果的なコンテンツであるかを総合評価します。


メタ情報と詳細情報
周辺環境
コンテンツチェック

QRコードも物件ごとに自動生成

住所を入力するだけで、Google Maps を自動読込み

SNS やブログもドラッグ&ドロップで連携

VR 物件ページの情報は、簡単に QR コードに変換することができるので、チラシや看板といった印刷物にも展開できます。

オプションを利用すれば、物件周辺の景観や物件までの道のりを案内をウォークスルーで表示することもできます。

TwitterやFacebook などのタイムライン、ブログやYouTubeなどのCGMを簡単に配置できます。


QRコード変換

こんな機能を搭載予定 今後もご期待ください


Zenkei Curator をご利用であれば、自動的にアップデートしますので、ご安心ください。


  • VRプレイヤーの自動化支援:生の写真と間取り図をアップロードするだけで、手間のかかる VR プレイヤーを自動で作成します。
  • 周辺環境情報(ロケーション情報)の表示強化:周辺環境情報(ロケーション情報)の表示が強化され、Google マップ、Google ストリートビューとの連携が強化され、ストリートビューから物件内見ができるようになります。
  • プレイヤーの4Dモジュール化:VRプレイヤーの表現力が大幅にアップします。(3D ウォークスルー、全情報配置表示など)
  • ユーザー行動の観察サービス:VRプレイヤーを閲覧しているユーザーの行動をセンシングし、サイト内での行動が観察可能になります。やがては営業マンの代わりにリアルタイムで接客、物件紹介を行うことを目指します。

Zenkei Curatorを導入したお客様から、感謝の声をいただいております

●株式会社苗加不動産様 https://www.noka.co.jp/
予めホームページを見てイメージを持って来店してくれるので、成約までの話が早くなりました。

●株式会社トーケンリンク様 http://token-kanazawa.jp/
これまで半日から丸 1 日かけて数件を見て回っていたのに、事前に情報を得ることで、1、2 本に絞る人が増えました。その一方で、成約率は上がっています。内見の件数が減り、従業員の負担が減りました。

●株式会社ビープラン様
ジョイントパートナーサイト http://shizunew.com/ http://me-yell.net/
住宅、不動産販売におけるチラシやWeb活用といった販促活動はもちろん、成約率を上げるためのFP活用戦略などのコスト削減の核となっているのがZenkei Curatorです。
この実績を元に現在、導入していただいた企業に対し異業種とのマッチングを提案し、「集客」「先客」「追客」「成約UP」といった販促戦略の相談からコンテンツ制作までのコンサルティングサービスも提供しています。今も成長を続けるこのサービスからZenkei Curatorが当社のプロデュース事業において、重要なコア・コンピタンスであることを実感しています。

料金プラン

初期導入費 2,000,000円

月額利用料金

  • Zenkei Curatorライセンス利用料
  • グループアカウント設定費
  • 導入研修費(THETAの撮影の仕方、実地でのコンテンツ作成、実地画像を使ったZenkei Curatorの使い方指導)
  • 検索モジュール提供(地図から検索、一覧から検索)
  • API利用権
  • 機材一式(セット内容 : RICOH THETA 全天球デジタルカメラ本体、ソフトケース、充電用USBケーブル、カメラ用一脚・三脚)
  • VRページ レイアウトデザインひな形開発費
  • マルチレンズ初期設定費
  • 20物件まで20,000円/月(登録数 100物件まで)
  • 50物件まで30,000円/月(登録数 250物件まで)
  • 100物件まで40,000円/月(登録数 500物件まで)
  • 200物件まで50,000円/月(登録数 1000物件まで)

※APIサービスの実装には、別途費用が必要です。
※一部地域については、実地指導の交通宿泊費が別途必要です。
※表示は、すべて税別です。

※物件数は同時公開可能数です。
※200物件以上は、お問い合わせ下さい。
※1物件に複数のパノラマ画像が登録できます。
※表示は、すべて税別です。


動作環境は、こちらのオンラインヘルプからご参照ください。



VRコンテンツ お客様事例

VRコンテンツギャラリー

不動産

新築・中古住宅

モデルハウス・住宅展示場

アパート



ホテル・旅館


観光ホテル

ビジネスホテル

旅館



飲食店


レストラン

焼き肉店

居酒屋



小売店・ショップ


酒ショップ

食品ショップ

アクセサリーショップ



Panorama Studioからのお乗換え


Panorama Studio(パノラマスタジオ)は、2013年3月をもちましてサポートを終了いたしました。
Panorama Studioをご利用のお客様は、ZENKEI 360のスタンダードプランを初期費用無料でご利用いただけます。


CONTACT US

VR技術がもたらす新しい体験を提供します。

全景へのご質問、ご相談、お見積のご依頼などはお問い合わせフォームよりお願いします。

全景へのお問い合わせ

JOIN US ZENKEI

最新技術を牽引するチームの一員になろう。

R&D(研究開発部門)、営業サポート業務の人員を募集しています。

採用情報を見る

コンテンツに戻る