4D表現プレイヤー

4D表現とは、「3D+時間軸(タイミング)」。
VR空間の体験者に、適宜なタイミングで関連文章や詳細写真を見せることができます。

4D表現プレイヤーとは

物件の詳細情報や周辺環境情報など、現在の詳細ページにある情報を全てVRに取り込んで表示します。 4D表現とは、「3D+時間軸(タイミング)」を表します。

4D表現プレイヤーを提供することで、VR空間の体験中、適宜なタイミングで関連文章や詳細写真を見せることができます。

Google ストリートビューとGoogleプレイスがVRプレイヤー内で統合しているため、物件の内見と周辺環境がシームレスにつながります。

使い方と効果

4D表現プレイヤーで内見をしながら、そのまま問い合わせまで完了。物件の検索から基本条件で絞り込んだ後にユーザーが行うプロセス、即ち、内見を含む「比較検討」をスムーズに行うことができ、すばやく「意思決定」へと導きます。

スマートキーを利用したセルフ内見や、そのままIT重説システムとシームレスに連携させられます。

また、検索により基本条件に合致する定量的情報を備えた物件が大量に見つかる今日。意思決定にあたっての重要事項は、VRで体験するような定性的な物件情報に加えて、周辺環境の情報です。4D表現プレイヤーでは、Google ストリートビューとGoogleプレイスとがVRプレイヤー内でシームレスに連携し、ユーザーに対して切れ目のない不動産価値体験を提供します。