Staff's Voice

100%自社開発のサービスが世に認められ、浸透する喜び

プラットフォーム開発部 チーフエンジニア

高領 博典

先読み力が問われるサービス開発

独自のサービス開発を行いたいと思い全景に入りはや8年、気がつけば一番の古株になりました。お客さまからの反応がダイレクトに受けられる今の環境に喜びを感じています。設計したサービス、自ら書いたコード、会議での発言、そのどれもが社内外に大きな影響を与えるのですから気が抜けません。サービスの堅牢な運用のために、目の前にある課題だけでなく、二歩先を見るという意識で業務に取り組んでいます。利用者さまの要望にそのまま応えることが最適とは限らないですからね。

全景の目指す場所にゴールはない

請負の開発業と違い、自社開発には明確なゴールがありません。人とコンピュータの関わりが大きく変化を見せているように、全景の各種サービスも時代を先取りして変化していくでしょう。足を止めることなく、常に走り続けているイメージです。大変だと感じる時はしょっちゅうですが(笑)、ここに魅力を感じてもらえる方もいるはずです。世に出す製品に自分の考えを組み込むことができることを誇りに思っています。

Staff's Voice

研究開発部門市來 健吾

VR技術のアドバンテージをいかに保つか

スタッフインタビューを見る

研究開発部門Sergey Gavrilov

5年先、10年先の技術を想像し具体化する

スタッフインタビューを見る

プラットフォーム開発部高領 博典

100%自社開発のサービスが世に認められ、浸透する喜び

スタッフインタビューを見る

プラットフォーム開発部源 大樹

生産性向上、業務効率改善にVRができること

スタッフインタビューを見る

プラットフォーム開発部Neuendorf Matthew William

尽きない先進技術への探究心

スタッフインタビューを見る

営業企画部佐野 実穂

全景のサービスを一番使いこなし、自社サービスに反映しているという自負

スタッフインタビューを見る

CONTACT US

VR技術がもたらす新しい体験を提供します。

全景へのご質問、ご相談、お見積のご依頼などはお問い合わせフォームよりお願いします。

全景へのお問い合わせ

JOIN US ZENKEI

最新技術を牽引するチームの一員になろう。

R&D(研究開発部門)、営業サポート業務の人員を募集しています。

採用情報を見る

コンテンツに戻る