ユーザー行動解析

User behaviour analysis

身体性

Reality

身体性の高い操作データ

VRプレーヤーを操作する指先やマウスの動きは、そのヒトの生身の動作の置き換えです。

2次元でデザイン・レイアウトされ、スクロールしながら読み進めるページ操作と異なり、3次元軸での身体動作に時間軸をまじえてとらえるVRの操作データは、身体性が高いのです。

私たちのVRプレーヤーは、ヒトの身体動作に宿る、隠れたる本心(潜在意識)をウェブからくみ上げることを可能にします。

機能の説明を見る

進化

Evolution

部分最適から全体最適へ

ビッグデータとAIの時代は、自分のデータを抱え込み、タテ割りに部分最適化したものよりも、自分のデータを他の領域データと共有してヨコ連携し、全体最適化に臨める構造が生き残ります。

それは、コンピュータを活用する社会に必然として訪れる、避けられない「進化」の現象だと考えています。

始まり

Beginning

新たなバリューチェーンの構築

合流・統合されたデータから引き出されるインサイトは、次の新たなアイディアと戦略を生み出し、物事の関係性が組み直されることで、バリューチェーンが大きく変わってゆきます。

私たちはあらゆる社会と繋がり、VRが自然として存在する世界を創出します。